U magazine, Jan 2014


1510673_615420425178635_94385981_n

 

the9life, 人貓,樂活

看pikku系列與the9life系列均用上柔和的木材,而且造型小巧,這些共通點便成為兩個品牌合作的契機,讓他們合作於tokyo designer week中展出。the9life系列線條簡約現代,仔細看真,便看得出rosly mok作為一個貓主,希望將愛貓的需要,納入家具設計的一番用心。「我曾經住過一個只有191平方呎的單位,在有限的空間中,家中每放多一件東西都是取捨⋯⋯而貓兒的砂盤,食具等用具,惟有放在通道上⋯⋯當時我想,為什麼我們不能以一件家具滿足人貓的需要呢?」
rosly的疑問讓她設計出以「人貓共融」為出發點的家具,她參考過不少資料,發現貓很多習慣都是從遠古遺傳下來的原始行為,例如亂抓東西,往高處跳,往狹小處躲等,而系列中的家具,便將這些特性納入設計之中。系列中看似簡單的3件家具,其實着重細節,它們不但節省空間,亦希望促進人貓互動。就如afternoon time茶几內設放雜誌的小櫃,當雜誌放滿,便成為不斷refill的貓抓板;welcome home擱板除了供我們回家放下鎖匙等小物,上面設有貓抓板,亦滿足了喵星人喜歡抓東西往高處跳的特性;至於cucuckoo clock則回應了貓兒天生喜歡捕雀的天性。單看家具的外觀與一般家具無異,但它卻切切實實為貓和人而設,而且能和諧配撘其他家具。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中