長屋


打開信箱,內裡得一片樓盤廣告傳單。

香港每隔幾一段時間就會出現”奇則”瘋傳。認真看日本集合住宅的圖則會覺得更奇。浴室對大門不怕漏財麼?公共廁格般大小的廁所與浴室分開。穿過一堆門才到達客廳。全屋只有客廳及一間睡房有陽光和新鮮空氣。

如果拿出一張長屋的平面圖對比,會發現間隔很類似。最初的長屋是江戶時代貴族(大名)在自己領地興建長方形的木造建築物,類似切香腸形式間隔出獨立入口長形單位分租給平民的集合住宅。廚房,大小便,沐浴是公家的在外面,單位內只有玄關旁簡單灶頭和榻榻米房間。後來平民生活改善長屋演變成單幢的木屋,廚廁浴等搬回室內,但為了方便來去水設置也就簡單地安置到玄關附近。因為玄關的地面通常是水泥地(土間),防水性能較室內的木地板好。而大家也似乎習慣了廚廁浴與居室分離。

時至今天現代建築已經可以自由間隔無需以切香腸型式規劃,建築物防水及其他設備等也可自由安置。當然現代也有間隔合理的集合住宅,但這種圖則仍十分常見。如果你問日本人,他們會說這是我們的習慣。

Any肥,反正他們的樓市永遠不會升不存在炒唔盡的煩惱,你也可以勉強說這設計的原則乎合日本人生活習慣。更有趣的是可以看到一點點日本人城市人的居住史。不知道50年後100年後我們回顧香港今天的”奇則”會有什麼想法,發水露台會不會成為我們的習慣。

圖片出處: http://ivyboy.exblog.jp/21363710/

 

12063743_926577810729560_7604361011060177527_n12193316_926579674062707_4668585772305009468_n12195978_926576680729673_3125666683094336171_n

 

Facebook Page Post

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中