晴明紋


大部份日本古代家紋都是古典優雅動植物圖案,睛明神社的標誌卻是搶眼的五芒星。
孤陋寡聞的我自此之前從來未聽過晴明神社,可是每一個日本人就算不熟悉,也都一定聽過安倍晴明這個人物。雖說是神社,安倍晴明是真實的歷史人物。關於他的傳說特別多,現代很多小說,電視劇,動畫等都有以他作為故事角色。安倍晴明是平安時代(約公元1000年)的陰陽師。陰陽師是日本古代的一個很重要的官職,負責制定歷法,天文觀測,也負責國家祭祀、祈禱等儀式。據說安倍晴明身邊隨有式神,類似是可以聽他使喚的小鬼,幫他開門關門通風報信。他本身也擁有占卜,與鬼溝通和咒語等神怪能力。
晴明以五芒星作為家紋,既是簡化的桔梗花,五角星的角也代表五行。追索源頭的話,五芒星這標誌早在幾千年前的楔形文字已為人類所用。而關於五芒星標誌,有說它是神聖有說它是邪惡。古代天皇重用陰陽師,也是亦正亦邪。日本人相信萬物有靈,人,鬼,神,靈等沒有清楚界線,鬼也可稱神,而神本來也可以是人。好像五芒星一樣,沒有正或邪,只有互相制衡。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中